二部構成の傑作競りカードゲーム「フォーセール」ボードゲームレビュー

フォーセール
競りカードゲーム。リワールドみたいに二部構成のゲームです。

ざっくりルール
各プレイヤー14000金持ってスタートです。

フォーセール
1000刻み

1部では1-30までの物件カードを人数分オープンして手持ちの資金で競り落としていきます。6人プレイなら1度に6枚売りに出されるので5回競りが行われます。

フォーセール
このラウンドはこの6枚
フォーセール
1~30の物件が1枚ずつ

競りのシステムは順番にお金を積み上げていき、降りた人から場に出ている安い物件を手に入れていきます。
フォーセール ボードゲームイラスト

 

入札ゼロで一番弱いカードをとって抜けるのもアリ。ただし、一番最後まで残る最高額入札者以外は半分お金が返ってきます。(端数切り上げなので5000入札なら2000返ってくる)。なので多くの場合、満額払う1位よりも2位の方がお得。
フォーセール ボードゲームイラスト

1位入札者が次の親。

 

14000金しか資金はありませんので相場を読み違えて8000とか9000で1位落札しちゃうと後の競りでは弱いカードばかり取らされることになります。

フォーセール ボードゲームイラスト
いくら残してるかは非公表

 

ウントチュースは登りきれなかった2位が一番損するゲームでしたが、フォーセールは登りきっちゃった1位がハシゴ外されちゃうゲー。

フォーセール ボードゲームイラスト
次々にみんな降りちゃうのがさみしいんですよコレが…

5回やって手に入れた物件カードで後半の小切手獲得ラウンドに入ります。

フォーセール ボードゲームイラスト
コレで勝負

 

人数分の小切手が公開。先ほど手に入れた物件カードを1枚選んで一斉に出して高い物件を出した人から高い小切手を取っていきます。小切手は0-15000と差の激しい荒波仕様。

二部構成の傑作競りカードゲーム「フォーセール」ボードゲームレビュー
0~15000の小切手カードを競り落とします
フォーセール ボードゲームイラスト
高い物件カードを出した人から高い小切手をもらっていきます

この物件カードと小切手カードの交換するラウンドが5回終わったらゲーム終了。
獲得した小切手と前半に残した資金を足して多い人が勝ち。

 

感想
これはもう有名なゲームで遊んだことがある人が多いと思うのですが、まだ遊んだことの無い人には超オススメの作品です。持っておいて損のないゲーム。
プレイ感はカードゲームとボードゲームの間位。お手軽さと満足感を兼ね備えたボリューム。初めての人もルールや工夫のしどころがわかりやすい。ビギナーのための2度目のボードゲームにちょうどいいゲームです。

前半あるある
7000くらいが分水嶺。
フォーセール ボードゲームイラスト
次の入札を願う!でも降りちゃうんだよねー…大体。

後半あるある
状況によって同じ数字の物件の価値が大きく変わるのが面白いです。ものの価値は相対的ということを思い知らされます。
場に0がなくて最低でも5000とかもらえる状況だと、手札の最弱1とかの捨て時ですよね。でもみんな同じこと考えてたりするので、それを見込んでこういう時に中くらいの物件を出すと15ぽっちで高価格帯が手に入ったりするんですよね。フォーセール 
一方、0が2つくらいで、上位2枚くらいが1万超のような状況だと、15くらいだと価値0になってしまうことも。

フォーセール 

この乱高下が面白い!
フォーセール ボードゲームイラスト
簡単なのに次はこうしたい!と何度もやりたくなるとても良いゲームです。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of