協力ボードゲーム「オキドキ」レビュー

オキドキ
オキドキ
youtubeのThe game galleryさんで紹介されていて面白そうだったので購入。
数字のカードを昇順に並べる協力ゲームです。

プレイ人数によって違う手札から順番に場にカードを昇順に並べていきます。
カード構成は5色で1から8。

縛りが2つ。
・5色の列すべてが同じ枚数並んでないと次のカードが出せない。(2枚差つけてはダメ)
・5色のうち、どこかひとつは数字を0に戻すリセットカードにしなければならない。

オキドキ
ルールの分量はとても少ないですが、プレイの流れはちょっと独特です。

数字を順番に並べる協力ゲームは「ザ・ゲーム」「HANABI」なんかがありますが、オキドキにはオキドキならではの現象があって結構面白かったです。

感想
友人らと4人プレイ。

毎列自分がどこを出すか相談します。
オキドキ

オキドキ

オキドキ

オキドキ

オキドキ

オキドキ
だからどーしたっていう話なんですけどね笑

列ごとに毎回全員発言して相談して意思決定していくので
「そだねー」がすっっっごい連発されます。
いちいち「また言ってるーー!」という盛り上がりがゲーム進行を遅くするのでみんな気をつけるのですが、どれだけ我慢しても無意識に言ってしまうのが恥ずかしいやら、笑えるやら、異様な盛り上がりが楽しかったです。
オキドキ
オキドキは各色1枚ずつ出さないと次の列にいけないというのがミソで、縦列単位で誰がどう動くか9回がっつり相談する流れになるのが特徴的でした。他のゲームってもっと手番ごとの相談ですよね。
難易度を手軽に変えることができるオールマイティカードも入っていて楽しみやすい良作だと思います。

何年後かにオキドキをプレイしたとき、2018年のオリンピックと合わせて盛り上がったことを思い出すんだろうなーと思いました。
いやーそれにしても言っちゃうわ。
このゲームをやったら絶対言っちゃう。
みんな言っちゃうのか試してみてほしい笑

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of