悠久のボードゲーム「ロール・スルー・ジ・エイジズ」レビュー

ロールスルージエイジズ
ロールスルーエイジズ
テーマは古代。一つの国を発展させるダイスゲームです。
ロールスルーエイジズ ボードゲーム イラスト

ざっくりルール

コンポーネントがかなり特徴的で、
ダイスを振って資源や労働力や食料を獲得。

ロールスルーエイジズ
使い捨て資源の貨幣の目もあります

は町(ダイス個数)、モニュメント(点数)を得る。
食料はラウンド終了時、ダイス分ないとマイナス。
資源は進歩(特殊能力)を手に入れるのに必要。
ドクロは2個以上でペナルティ(3つのときは相手に害)。

かまぼこ板くらいの厚さのしっかりした木製のボードにペグを刺して資源と食料を管理。
ロールスルーエイジズ
進歩は、相手からの攻撃(巻き添え)を防ぐものや、食料、人、資源が増えやすくなるもの、追加の点数を得られるものなどがあります。

使い捨てのプレイシートに、建てた町やモニュメント、獲得した技術を記入してゲームを進めます。
ロールスルーエイジズ
ゲーム時間は渋い見た目とは裏腹に30分ほどで終わります。

感想
ベーシックなリソース管理、拡大再生産。
でもたくさんのコマやカラフルなタイルやボードはなく、
ダイスとかまぼこ板とシートでちまちまそれを遊ぶっていう渋さが最高です。

コンポーネントの魅力だけでなくて、ゲーム自体の面白さもあります。
資源の増え方は独特で他のゲームと違う味です。
またダイスの出目によって取れる戦略がガラリと変わってきます。
際立って出目が偏った時だけ取れる戦略もあったりして。

ロールスルーエイジズ
「あ、今回こういう作戦いけるんだー。やっちゃおうかなー」と発見があることも

新しい発見があって面白いときもあれば、
いつも通りの範疇でも十分競い合いは楽しいです。
次はこうしようと色々考えさせられます。

もともと想像力で補完するのがボードゲームの楽しみでもありますが
無機質なダイスと紙と板で国の発展をイメージするあたり、その極致のようなゲームです。

作戦の最適な選択も重要ですが、狙った発展ができるかはダイス次第。
運の要素が大きいですが、このくらいの方が何度もやるにはちょうどいいです。
ビギナーにも実は評判がいいです。2人でもばっちり楽しいですね。
ロールスルーエイジズ

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of