クニツィアカードゲーム「インフェルノ」紹介

インフェルノ パッケージ

クニツィア作のカードゲーム。
ビギナーにも少し慣れた人にも、どんな場所に持っていっても盛り上がる鉄板のカードゲームです。

ざっくりルール
手札は12枚。補充はありません。自分の番が来たら1枚カードを出します。
インフェルノ カード構成
ルールは親がはじめに出したカードと色か数字が同じじゃないと出せない。
出せない、出したくない場合はそれまでにみんなが出したすべてのカードを引き取って自分の前においておきます。1枚につき1点マイナス。ただし、赤のカードは数字そのままマイナスになります。

カードの構成は、黒、青、黄、緑、赤の5色。数字は1~5。

超簡単!すぐ始められます。

インフェルノ プレイの様子
赤カードは数字がそのままマイナスになります。

インフェルノ プレイの様子
手札が皆潤沢なときは結構続くこともあるので自信のない色、数字には注意が必要です。
インフェルノ プレイの様子

インフェルノ プレイの様子
赤連打!

1周回ってくるまでに赤が続けば失点伸びは予想以上。

インフェルノ プレイの様子
祈る気持ちで出すこともしばしば・・・
インフェルノ プレイの様子
平気な顔してブラフをかけてきます

出せなくなった人は出たカードをすべて引き取ります。
手札には混ぜずに脇に置いておいて、あとでまとめて失点を数えます。引き取った人が親になります。

インフェルノ プレイの様子
自分の得意な色で勝負!

インフェルノ プレイの様子
気に入らない色、数字なら、傷の浅いうちに引き取って、好きな色、数字で勝負するのも手。
ちなみに4、5の数字は赤4、5が投入されると失点が急激に増えるので荒れる数字。

インフェルノ プレイの様子
親の赤出しはヤバイ!

赤が出されると、失点は青天井!

インフェルノ プレイの様子
ひ、引けないところまで積みあがっていく…

赤がセンターに来ると1周ごとに失点がすごい勢いで伸びていきます。

インフェルノ プレイの様子
最後の1枚・・・これで皆おりてくれるか?

おり時を間違えれば、自分がそれまで出した分まで降りかかってきます。
この1枚で誰か根を上げるか?と悩むのは、まるでポーカーのレイズ合戦のようです。
もう、引けないくらい積みあがれば、出せるだけ出すしかない!というところまで場が熱くなるのは、まさにインフェルノ!

簡単なルールで、選択が悩ましいですが、配られないカードもあって不確定要素も多いので、必勝法はありません。タイミングと運の要素が大きいです。
ビギナー、経験者揃って皆で盛り上がれます。

持っていない人がいたらこれは持っていて損のない作品です。

ただ、日本語版にローカライズされるにあたってちょっと大人向けのテイストのカードデザインになっていて、子供とやるのに抵抗感が出てしまうのが残念…。
元は古い作品らしく、日本語版を出していただいたのはとってもありがたいんです!が子供ともプレイしたい…。
ジュニア対応版も出していただければ私はもう一個買います。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of