協力型ボードゲーム「パンデミッククトゥルフ」レビュー

パンデミッククトゥルフ 箱

パンデミッククトゥルフ プレイの様子
協力ゲームのパンデミックにクトゥルフ要素を足した作品です。

通常パンデとの違い

・マップが簡略化 4つの地域がある。同じマスにいれば同じ地域のカードの受け渡しは可能。手がかりカードの個別の呼称はなし。

パンデミック
・アウトブレイクの概念なし、代わりに起こるのはオールドワンの復活。
パンデミッククトゥルフ 内容物
・病原体の代わりに邪教徒が増える。

パンデミッククトゥルフ 内容物
集まってくる邪教徒たち

・邪教徒よりも倒すのが大変でオールドワンの復活を引き起こすショゴスがいる

パンデミッククトゥルフ 内容物
HP3

・特殊カードが豊富
パンデミッククトゥルフ 内容物
・正気度すべて失うと行動や能力が制限される
パンデミッククトゥルフ 内容物パンデミッククトゥルフ 内容物
アクション数が1回減り、かつ、役割カードが裏返されて、特殊能力の制限や奇行をするようになる。
ゲートを封印(パンデミックでいうところのワクチン作成)すれば元に戻ります。
・役割ごとにフィギュアがあって雰囲気アップ
パンデミッククトゥルフ 内容物

オールドワンが復活するとプレイヤーに不利なことが起こるのですが、
毎回使われるオールドワンはランダムなので、展開が大きく変わります。
二人で何度もするなら、通常パンデよりもこっちが好き。
というかほうみは通常パンデは1,2回しかやったことないです…
私がクトゥルフしかやりたがらないのでタイ太郎はアプリで黙々と通常パンデをやってます。

パンデミッククトゥルフ 内容物
聖遺物という特殊カードの種類が豊富です。
私たちはこの扱いを間違っていて(初めに手がかりカードのデッキに何枚か混ぜるのですが、それをしなかった。手がかりカードというのは通常パンデでいうところの都市カード。)
ショゴスを倒した時のみ手に入るというルールでやっていたところ、全然クリアできませんでした。ちゃんとしたルールになって、ちょっと勝率は安定しました。

あとはやはりオールドワンによる展開の変化が面白いです。
とくに凶悪なのがこいつ。イグ。2人ともこいつの名前だけは忘れない笑
パンデミッククトゥルフ 内容物
本来、5枚の手がかりカードが必要なところ、6枚に増やしてくる極悪人。
序盤1,2枚目に復活されて、かつ探偵(通常より手がかりカードが1枚少なくてよい)がメンツにいない回は世界滅亡フラグがビンビンに立ちます。

パンデミッククトゥルフ 内容物
あのー手札制限7枚の中で6枚集めるとかってどうすればいいんでしょうか…

毎回違う展開が楽しめて、1ゲーム3-40分で、一晩で何度も遊べるので、息の長いゲームになっています。
我が家ではこれがクトゥルフデビューとなりました。
ラヴクラフトの作品はまだ読んだことはありませんが、マンションオブマッドネス、クトゥルフレルムズなど、色々増えています。
前情報なしでも楽しめましたので、クトゥルフ初体験の方にも良いのではないでしょうか?
パンデミッククトゥルフ プレイの様子

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of