映画「キューブ」みたいな脱出ゲーム「ルーム25」ボードゲームレビュー

ROOM25
ルーム25
罠いっぱいの迷路に閉じ込められたプレイヤー達の脱出ゲーム。隣の部屋を覗いたり、危険な部屋から仲間を押し出したり、協力しながら出口を目指します。でも気をつけて。仲間の中には黒幕側のプレイヤーが混ざっているかもしれません。

ざっくり。
こんなタイルの部屋が5×5並んで作られる危険な迷宮。

ルーム25
フィギュアもリアルでいい感じ

真ん中からプレイヤーはスタート。最初は全部裏返し。
ルーム25
この内1枚がゴールのタイル。

罠の部屋は色々。
2人目が来たら1人目が死んでしまうタイル。

ルーム25
酸のプール

入ったら即死。

ルーム25
即死部屋

他にも、冷凍部屋やワープ、暗闇部屋など色々あります。

コマの動かし方に特徴があります。
ラウンド初めに行動を2つ選んで自分のボードにセット。
ルーム25
①移動
②押し出す
③覗く
④迷路を1列スライドさせて動かす

手番が来たら1枚目のタイルをオープンしてアクション。
全員が1枚目をしたら2枚目。

一度決めたらアクションは変えられません。

なので入ってきちゃった相手を不可抗力で押し出してしまうことがあるような設計ですね。

脱出できれば勝利。

プレイのようす

4人プレイ。完全協力モードでは脱出できれば勝利ですが、中に裏切り者がいるかもしれないモードでも遊べます。そちらの方が評判がいいのでそちらでプレイ。裏切り者が混ざる可能性が出ます。

ルーム25 ボードゲーム イラスト
わずかですが裏切り者がいないときもあります

それぞれの「チェックしたからここは大丈夫だよ」の言葉を一応信用して皆恐る恐る進みます。

するとスケちゃんが突然何を思ったのか未確認の部屋にダイブ!

ルーム25
え!?そこ未確認だよ!

案の定、ひいてはいけない部屋をひき、開始3分で脱落となりました。
ルーム25
「何やってるの?」
「マジで」
「理解できない」
「逆にすごいヒキだけど」
スケちゃん「・・・・。」
とスケちゃんの謎の行動に、皆笑いながらも、ちょっと引いちゃってたんですが、スケちゃんは多くを語りません。
しょうがないので頭に「???」満載でゲームを進めます。復活は無いのでスケちゃんは見てるしかない。

すると、次のラウンドが終わったあたりで
スケちゃん「あのー・・・」

スケちゃん「実は俺裏切り者なんだけど・・・。死んじゃった。」
「何で突然飛び込むのよ??」
スケちゃん「いや、自らの危険を顧みず進むことで皆の信頼を得ようと思って・・・」
「・・・はぁ?」
一同「いや、あなたの信頼の構築方法間違ってるから(笑)!!」
総ツッコミ&爆笑。
とはいえ、3人仲間だということが確定した状況で1人見学で2~30分遊ぶのもつまらないので、仕切りなおし。
「次は頼むよ!」
スケちゃん「わかったわかった」

2戦目。
ほうみは通常プレイヤー。淡々と進むゲーム展開。危険な部屋を避けながらゴールを探します。
ちなみに覗いて危険だった部屋には自分のチップを置いてマーキングすることができます。迷路の移動アクションでかなり盤面は変化するので重要です。
ルーム25 ボードゲーム イラスト
でも、もしも覗いたのが裏切り者でゴールを見つけているのに嘘をついて危険な部屋だと申告していたら?そんな駆け引きもあります。

皆一応「この中に裏切り者はいないね!」なーんて言いながらプレイするけど実は1mmも信頼していない笑。でも誰も怪しい行動はせずに順調に探索は続きます。

すると後半、タイ太郎がゴールを発見。ナイス!
皆結集を始めます。

そしてそのラウンドはやってきました。
全員の1回目のアクションが終わった盤面を見て端と気づく、あるわずかな可能性。
「もしもリーポーが裏切り者だった場合、次アクションほうみは助からない。」

ルーム25
罠部屋には2ターンとどまれない。もしリーポーが迷路変化でデス部屋を目の前にスライドさせてきたら…

まさか・・?
その可能性に気づいた瞬間、リーポーと目が合います。
ルーム25
すぐ顔をそらして笑いをかみ殺すリーポー。ニヤニヤ。
え?え?何、何?嘘でしょ?
当事者達しか気づかないこの絶妙な雰囲気笑。

2回目のアクションを確認する前に、自分の未来を悟ったほうみは仲間達に呼びかけます。
ほうみ「今気づいたんだけど、リーポーが裏切り者だった場合、私死にます」
タイ太郎、スケちゃん「ええ?!」
リーポー「・・・」
そしてリーポーのアクションはやっぱり「迷路変化」。やられた!!
ほうみはゴール目前で死亡!
正体を明らかにした裏切りプレイヤーは1ラウンドの行動数が増えて残りのプレイヤーを追い詰めやすくなります。

まあその後はタイ太郎、スケちゃんはうまく逃げ切り、脱出してプレイヤー陣営の勝利となりました。

感想
1ゲーム40分くらい。そして大部分が淡々と進みます。
「1回盛り上がりポイントがあったからまあいいか。」というのが全員の感想でした。盛り上がったポイントっていうのは正体を現したリーポーがほうみを葬った瞬間。

テーマも面白いし、システムも外してなさそうな感じなのに、連続して3回目はやらないでいいや、ってなっちゃうこのゲームの「惜しさ」を長らく言い表せずにいました。
でも最近何がダメなのかわかりました。

それはお邪魔者をプレイしたから。

お邪魔者とゲームの骨子は似ています。
・誰が手を下したかはっきりするので裏切れるのは基本1回。
って言う点で。

そうなるとさすがに40分は長い!ということですね。
アヴァロンとか、誰が裏切ったかすぐには分からないシステムのゲームだったら、40分でも60分でも耐えうると思うんですけど、
誰が裏切り者か1回で分かってしまう設計だったらお邪魔者の5-10分くらいが丁度いいんだと分かりました。
40分手がかりなしで隣人を疑い続けるのも単純に疲れちゃう。
あとやっぱり裏切りに気づいたその瞬間が一番面白い。
あの今思い出しても笑っちゃう絶妙な空気が最大の魅力なんだけど、
当事者2人しかその瞬間に気づかないっていうのが少しもったいない。
他の人の細かい可能性まで気にしてる余裕は正直無いですからね。

まあ、テーマがいいので特定の映画やマンガを見たあとに、無性にやりたくなるゲームではあります。

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of