フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー

5本のキュウリ

フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー

30分、2-6人。フリードマン・フリーゼがアレンジしたトリックテイキング。

フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー

 

ざっくりルール

 

カードゲームです。

フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー
数字は1から15。

7枚手札がくばられます。

スタートプレイヤーから時計回りに1枚ずつカードをプレイ。

前の数字より大きい数字をプレイしなければならない。

出せない、出したくないときは自分の持っている最小のカードをプレイしないといけない。(低い数字のカードは最後にとても大事になる。)

全員が1枚出したら1ラウンドおわり。

1番大きい数字を出した人が次のスタートプレイヤー。

 

これを7ラウンドおこなう。

重要なのが最終7ラウンド目。

最後の1枚をみんな順番にプレイ。

ここで、1番大きい数字を出してしまった人が負け。

カードに描かれたキュウリの本数分、キュウリトークンを取る。

フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー
ペナルティマーカー
フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー

6個以上キュウリトークンを受け取ったプレイヤーは脱落。

最後の一人まで優勝を決めてもいいし、はじめに脱落したビリ決めで終わってもいい。

 

感想

 

ルール自体は簡単なのに勝ち方はわかりづらいです。

「隠しパラメータ」のフリーゼ全開。

ファミリアのときにも書いたけど、フリーゼという作家は

何が正解か、どうしたら勝つ確率が上がるのか

つかみづらいゲームを作るセンスがあります。

 

プレイ中は何が正解か、なかなかつかめないんだけど

でも面白い!

運の要素も大きいので軽いです。さくさくやれます。

 

ちょっとずつ 隠しパラメータ を上げる方法がわかってくるのが楽しいですよ。

とりあえず今のところ見つけた、なんか勝てる行動はね…

 

最終ラウンド1つ前の第6ラウンド。

あえて頑張ってそこまで取っておいた15とかのハイカードを出してみましょう。

キュウリのように青ざめたプレイヤーがどっさり笑

フリードマン・フリーゼのトリックテイキングカードゲーム「5本のキュウリ」ボードゲームレビュー
「6ラウンド目15ぶっこみ」

Leave a Reply

avatar
  Subscribe  
Notify of