ミハイル・シャハトのおすすめカードゲーム「コロレット」レビュー

ミハイル・シャハトのおすすめカードゲーム「コロレット」レビュー

こちらも5人まで遊べて30分以内で遊べるカードゲーム。

アクアレットのついでに紹介。

"ミハイル・シャハトのおすすめカードゲーム「コロレット」レビュー" の続きを読む

絵画を鑑賞する美術系のセンスが磨かれるゲーム「アートライン:エルミタージュ美術館 日本語版」ボードゲームレビュー

絵画を鑑賞する美術系のセンスが磨かれるゲーム「アートライン:エルミタージュ美術館 日本語版」ボードゲームレビュー

共通点を見つけて、実在する絵画のカードを並べるゲームです。自分に配られた5枚の絵画を一番先に、なくした人が勝ちというルールですが、勝ち負けよりもその過程を楽しむゲームです。

やっていることはアート大喜利って感じ。意外とげらげら笑いながらできるゲームです。

プレイ人数は2人から5人、プレイ時間は20分から30分です。

"絵画を鑑賞する美術系のセンスが磨かれるゲーム「アートライン:エルミタージュ美術館 日本語版」ボードゲームレビュー" の続きを読む

3人で楽しめるおすすめの名作ボードゲーム~迷ったらコレ~

ボードゲームブロガーのはしくれである私が

3人で遊んでリアルに面白かったボードゲーム

を紹介します。

"3人で楽しめるおすすめの名作ボードゲーム~迷ったらコレ~" の続きを読む

小さいテーブルでお酒を飲みながらできる推理ゲーム「あてずっぽ殺人事件」ボードゲームレビュー

あてずっぽ殺人事件

小さいテーブルでお酒を飲みながらできる推理ゲーム「あてずっぽ殺人事件」ボードゲームレビュー

クルードみたいな推理系カードゲーム。

持ち出すのに便利なマッチ箱くらいの小さな箱に入ってます。

3人~8人。15分くらい。

"小さいテーブルでお酒を飲みながらできる推理ゲーム「あてずっぽ殺人事件」ボードゲームレビュー" の続きを読む

「花嫁が多すぎる」の発売前にリメイク元の「シンデレラが多すぎる」をボードゲームレビュー

シンデレラが多すぎる

「花嫁が多すぎる」の発売前にリメイク元の「シンデレラが多すぎる」をボードゲームレビュー

4人まで。10分くらい。

国産ゲームです。

近々、マンガ作品とのコラボ版である「花嫁が多すぎる」が発売されるそう。発売を前にリメイク元となった「シンデレラが多すぎる」を紹介します。

"「花嫁が多すぎる」の発売前にリメイク元の「シンデレラが多すぎる」をボードゲームレビュー" の続きを読む